2024年5月15日 (水)

母の日のプレゼント

長男が「おもちアイス」というお饅頭を持って来てくれた。

《食べる1時間から2時間前に冷凍室から出して冷蔵庫に入れる》と書いてある。

「いつ食べるの?」と時間を聞いて、食べる時間に合わせて冷蔵庫に入れてくれた。

”まるごといちじく”  ”まるごと渋皮煮”  ”マンゴーとレアチーズ”

など、アイスクリームの中に果物があって、それをお餅で包んでいる。

手が込んでいて、贅沢なお饅頭だ。

《期間限定品》だそうだ。

箱の隅っこに、「お母さん ありがとう」というシールが貼られていた。

 

|

2024年5月10日 (金)

鎌倉書道協会展

友達が出品している鎌倉書道協会展に、今年は東京、千葉、神奈川から4人の同期の友達が寄り集まった。

レベルの高い書道家たちの作品は、読めない字も多い。友達のHさんが説明してくれてやっとあてはまる字もある。

Hさんは、高校教師を定年退職して、書道と水墨画を趣味にしている。もともと”表現する”ことの才能があるのだろうと思う。

というのは、同じ高校の一年生の時、女性の体育教師の試験で、”動物の動きを体で表現する”という課題があった。

それが特に先生の目にとまったのか、あとで随分と「東京の体育大に行きなさい」と勧められ、びっくりしたそうである。

本人は体も弱いほうで、まったく体育系の体ではなく、歴史の先生になった。

 

書道展のあとは、Hさんの案内でお寿司屋さんへ。席が詰まりそうなら店を出なければならないが、様子を見ながらおしゃべりに花を咲かせた。

そして、また時間の許す限り、次は喫茶店へ。

久しぶりに思いっきり楽しい時を過ごした。

 

 

|

2024年5月 7日 (火)

毎日タケノコ

Kさんが4月中旬にタケノコを持って来てくれてから、1か月の間に5回持って来てくれた。全部で7本。

正直、3回目ぐらいで、もうこれで十分と思うのだが、きれいに土を取って、掘りたてを家に持って来てくれるのだから、もう食べきれませんとは言えなくて、喜んだ様子でもらっている。

メンマを作って冷凍にしたし、茹でて冷蔵庫に入れて水を変えながらなんとか1週間のうちに食べなくては・・・と、気にかかる。

「〇〇さんとこへ持って行ったら、もう食べきれないって断られちゃったよ」

「△△さんの奥さんにガス代がかかるからもういいって言われたよ」

処分に苦労しているKさんがなんだか気の毒な気がする。

|

2024年5月 2日 (木)

一年ぶりにグラウンドゴルフ

昨年の6月以来、グラウンドゴルフをやっていなかった。

先日は世話役が、1年間の活動記録をまとめた資料を持って来てくれた。

その時、写真を!と言われ、パチリと撮られた。

その写真をみんなにラインで流されたもので、大勢の人から”待っています”とメッセージが入った。

なんとなく、またグラウンドゴルフを始めるという踏ん切りがつかなくて、このまま止めてしまおうかと思っていたのだが。

 

止めやすくなるまでやるしかないかと思いながら出かけた。

1年ぶりにしては、ホールインワンが1回出たり、成績は以前の続きぐらいだった。

それぞれの一打ごとに気軽に声を出し、ほめたり、残念がったり、こういうことがストレス発散になったり、気分を盛り上げてくれたり、運動の効果だと思う。

月に一回、定例会と称して、実力を競う日があるのだが、私は出たことはない。

一週間に1回、2時間の競技に往復で30分のウォーキング、また楽しく続けられそうだ。

 

 

|

2024年4月27日 (土)

採血結果が楽しみに

3月に心房細動をなくすためのカテーテルアブレーションという手術を受けた。

今日はその手術を行った、循環器科の医師の診察日だった。

いつものように、採血、レントゲン、心電図の検査をした後で診察。

昨年12月に手術の詳細な説明を受けて以来の久しぶりの対面だった。

というのも、手術の際は、医者の顔もみないうちに鼻から麻酔のマスクをかけられ、1分とたたないうちに昏睡状態に陥ったし、

翌日、目覚めたのは集中治療室で、主治医は血管外科の医師なので、循環器の医師に会うことはなかった。

 

カテーテルアブレーションを受けてから、夜、寝てからの心臓の圧迫感、脈の乱れなどを感じることがなくなったことを伝えたら、

「不整脈はまったくありません」 

「たいていは良くなるものなんですよ」と言われた。

血液検査の結果は、4月9日の検査に比べて、腎機能はすべて基準値内になっており、肝機能は5種類が基準値から外れていたのが、3種類になっており、基準値に外れているのも数値は良くなっていた。

減塩を心掛けているのが表れてきたのかな?

毎晩、寝る前に飲んでいる「ざくろ酢&クランベリー」ジュースの効用があるのかな? といっても果汁もザクロ酢もほんの少ししか入っていないのだけれど。

でも、まあ、今の食事内容で間違ってはいないようだ。

 

 

 

 

 

|

2024年4月24日 (水)

鎌倉書道協会展

かつては、友達の水墨画と書道のグループ展を鑑賞するための、7人の集まりだったのだが、1人はコロナ前に亡くなり、昨年は私が心不全で行かれなかった。

今年は来月、鎌倉で「鎌倉書道協会展」が催される。

ところが、行くことが出来るのは、私ともう一人東京の人だけのようだ。

千葉の友人は、脊柱管狭窄症になった。

かかりつけの整形外科で、「50mも歩けるほどの人は手術しない」と言われ、痛み止めと、腰の牽引のリハビリをしている。

本人は、外出しても途中で痛くて歩けなくなったりするのがいやで、「手術をして完全に治したいので、評判のいい病院を探している」という状況だった。

また一人は、片目を緑内障の手術をして、医者に「良くなるかどうかわからない」といわれていたそうだが、同時に白内障の手術もした。

全体的にはいくらかよくなったようだが、片目はよく見えないままで、1人で歩くにはまだ不安だと言っていた。

そして、遠方の宮城県塩釜から時々来ていた友達は、「一人で遠いところまで出かける自信がない」そうである。

私が一番危ぶまれていたのだが、一人で外出できるほど元気になった。

どうか一人一人、元気になって、楽しい集まりをもちたい。

 

 

|

2024年4月23日 (火)

「台湾東部沖地震 緊急支援募金」

 

Dsc02999

《ホタテ貝とエンドウを炒めて塩、コショウで味付け》

 

生協の注文書カタログの中に「台湾東部沖地震 緊急支援募金」というチラシが入っていた。

”注文書・ポッケアプリから申し込みできる”とあり、〈口座引き落とし〉または〈ポイント利用〉のどちらかを選ぶようになっていた。

ポイント? いくらかあるのかしら?

初めてポイント欄を見た。

4千ポイントを超えている。いつの間にこんなに・・・と合点がいかなかった。

宅配を始めて3ヵ月しかたっていない。

まだ試し買いの段階だから、少々余分に買ってはいる。

今までの「お届け明細書」を見てみた。

すると、1か月たった頃、お届け明細書のポイント欄に《新規入会特典 3000円》が入っていた。

3000円も! ありがたいこと!

この中から、1000円を台湾の支援募金に回すことにした。

これからも、ポイントはこういう使い方にしようと思った。

 

 

|

2024年4月21日 (日)

タケノコ料理

Dsc02995

《うちで採れたエンドウと炊き合わせ  昔から食べなれた素朴な味》

Kさんが持って来てくれたタケノコは、8日間で4回、大3本に小2本だった。

夕方、チャイムが鳴ると、Kさんが玄関にタケノコを持って立っている。

今集中的に採れるのだから、Kさんはタケノコを掘るのにも、それをさばくのにも忙しい。

有難いのではあるが、うちは2人だけだし、友達二人にも茹でてあげた。

どうしたものかと、夜、思案した。

夕方、掘りたてを茹でて、そのまま鍋に入れたまま朝まで置いて、水を張った容器に入れて冷蔵庫で時々水を変えながら、1週間保存できる。

ネットで保存方法を調べたが、冷凍するには、茹でて調味液につけた状態のものか、メンマのように仕上がったものがいい。

1か月保存できるとあった。

食べ飽きないように、ほどほどに食べて、あとは冷凍頼みとしようと思っている。

 

 

 

|

2024年4月17日 (水)

毛布の洗濯がラクになった

去年、一か月の入院で、家で変わったことは、主人が、洗濯を自分の仕事として引き受けてくれたことだ。

それまで家事で、やっていたことといえばゴミ出しと、お風呂の掃除だけだった。

うちは粉せっけんを使っているので、マニュアル通りにはいかない。

溶けやすいように、粉せっけんを別に溶かしておく。粉石鹸の量は?

すすぎは1回多くするので、それを「おうち流」にセットした。

なかなか要領が飲み込めなかったらしいが、やっと慣れた。

これから先、二人とも、80歳を超えたのだから、また、いつ病気になるかしれない。

主人が一つでも出来る家事を増やしたことは、お互いにとっていいことだ。

そろそろ冬物を片付ける時期がきて、手洗いが必要なウール製品などは、私がしている。

 

昨年末に洗濯機を買い替えるとき、「毛布が洗える洗濯機を!」と店員さんに言ったら、

「それならこれ・・」と大容量の洗濯機をすすめられた。

大きすぎるかな、とも思ったが、「少量でもそれにあった洗濯が出来るのが、洗濯機のいいところです」と言われた。

洗濯が始まる前、洗濯物の重量で、自動的に水量が決められる。

大きな毛布が洗濯機に無理なくいれられて、ラクに洗濯できた。

 

|

2024年4月15日 (月)

タケノコ料理に奮闘

おととい、Kさんが一番採りのタケノコを糠を付けて持って来てくれた。

今年も来るぞ! と思いながら、まずは、主菜になる「鶏肉とタケノコの炊き合わせ」を作った。

鶏肉の少し甘めの煮汁が、柔らかいタケノコにしっかり浸みておいしい。

まだ半分残っているうちに、今日、夕方採れたての2回目がやってきた。

「一番大きいのを持ってきた!」

大鍋一つに入りきらなくて、鍋を二つ使った。

明日はこの茹でたのを友達に半分持って行ってあげよう。

近頃はただの糠は手に入りにくかったりする。スーパーなどではぬか漬け用にいろいろ混ぜてあったりする。

茹でたのをあげると、大喜びされる。

次はメンマかな? メンマはたくさん作って、小分けにして冷凍にしておく。

これだけじゃ飽きるかもしれない。

タケノコ料理のレシピを探してみよう。

 

 

|

«めかぶ茶