« 髪の毛の色 | トップページ | かぼちゃのサラダ »

2010年8月24日 (火)

ゆで鶏のにんにく味噌漬け

たいてい日曜日の夜は、マンションへ帰る長男に持って帰らせるおかずを作る。

夕食を作って、片付けも終えてから始めるので、手のかかる料理は作りたくない。

この日の夕食は、五目おこわだった。

五目おこわは、セイロで1升作った。

1食分ずつ容器に入れ、3食分息子にもたせ、うちの冷凍室にもたくさん貯えた。

さて、冷凍室から出しておいた、鶏のもも肉はどのように調理しようか。

先週は「鶏手羽元のはちみつ黒酢煮」だった。

味付けを変えたほうがいいだろう。

また、手早く出来る「圧力鍋料理」の中から。

『ゆで鶏のにんにく味噌漬け』

 ゆで鶏は、鶏肉に塩、こしょうをして、

       圧力鍋に鶏肉、長ネギ、しょうが、酒、かぶるくらいの     

       水を入れて強火にかける。

       圧力がかかったら3分弱火にし、そのまま放置。

 にんにく味噌は、味噌、トマトケチャップ、みりん、しょうゆ、砂糖をまぜるだけ。

ゆで鶏をゆで豚にしてもいいし、漬けるタレは、

      みそ、はちみつ、酒をまぜた「はちみつ味噌」でも、

      しょうゆ、酒、砂糖をまぜた「しょうゆ漬け」にしてもいい。

たっぷりのゆで汁は、ある野菜やキクラゲなど何でも入れて、卵をちらして「かきたまスープ」にでも。

ちょっと調味料を変えただけで、違った料理のように味わえるから、飽かれず、ごまかせる。

        

|

« 髪の毛の色 | トップページ | かぼちゃのサラダ »