« 心臓のカテーテル検査 | トップページ | コロナは今、田舎でも »

2023年8月 2日 (水)

家庭菜園

始めて夏野菜を作るようになっていろいろ気付くことがある。

ナスには真っ白い粉をまとったような虫が粉をまき散らし、飛んでいる。見つけたら両方の手でパンと叩き潰す。

キューリは梅雨の間、一日でぐんぐん成長し、朝晩目を凝らして採り残しがないようにしていたが、地面が渇いてしまうと実が大きくなる前に黄色くすぼみ始めた。そこでキューリは水をたっぷり与えられてどんどん成長するのだと知った。

朝晩水やりを始めた。

道理で、広い畑で家庭菜園をしているMさんも、家から離れた場所に畑を借りているKさんも、トマトは作っているが、キューリやナスは作っていない。夏は成長は早いが世話が追い付かないのだろう。

ゴーヤが一個採れた。

これから夏の終わりごろまで、垣根や網を張って日除けにしているゴーヤが食べ飽きられてぶら下がっているのをよく目にしていた。

2本のゴーヤから、もう少したてば持て余すほど採れるようになるかもしれない。

レシピを増やさなくてはと、ネットで検索している。

|

« 心臓のカテーテル検査 | トップページ | コロナは今、田舎でも »