« 母の日のプレゼント | トップページ | スマホと連動の時計 »

2024年5月21日 (火)

”頭も体も鍛えなければ”

二階から下に下りる時、息子も一緒に下りたのだが、キッチンで暫くして、「何か用があって下に下りたはずなんだけど、何だったかしら?」

とつぶやいたら、息子が「ピッチのエサを取りに行くとか言っていた」と教えられ、自分ながら驚いた。

荻原 浩の『明日の記憶』を読んだところだった。

主人公は50才にして若年性アルツハイマーになり、記憶をどんどん失くしていく過程で、もがき苦しむ。

やがて、”記憶が消えても、私が過ごしてきた日々が消えるわけじゃない。私が失った記憶は、私と同じ日々を過ごしてきた人たちの中に残っている”という、恐れから解き放された心もちになる。

 

先日、鎌倉で同期の者4人が集まった時、そのうちの1人は、103才になるお母さんと一緒に暮らしている。

物忘れは多いそうだが、まだ食事も自分で食べられて、ゆったり穏やかに暮らしておられるそうだ。

生きる見本ともいえる存在のようである。

お寿司屋で支払いを済ませて、7040円支払った。1人がいくら、となると、答えがなかなか出て来なかった。

「ふだん計算していなくてはダメねえ」

「字も書いていなくてはダメよ」

頭も体も鍛えていなくては! 

一番のたのしみである ”おいしい食事とおしゃべりする時間” を持ち続けられるように! 

 

 

 

 

|

« 母の日のプレゼント | トップページ | スマホと連動の時計 »